SONGS



エレカシ宮本浩次 × 爆笑問題太田光
デビュー30年スペシャル対談が実現!太田が語ったエレカシの魅力とは!?
デビュー当時から歌い続ける『ファイティングマン』や名曲『今宵の月のように』も熱唱

エレカシの名で親しまれるエレファントカシマシは今年デビュー30年。
ボーカル宮本浩次による心に突き刺さる歌詞と、ロックンロール全開のパワフルなサウンドが幅広い音楽ファンから支持を得ている。
今回、宮本とエレカシの音楽をこよなく愛する爆笑問題太田光との対談が実現した。
爆笑問題エレカシと同じ1988年デビュー。お互いの歴史を振り返り、仕事がない時代に抱いていた思いから、
メジャーシーンで活躍するまでの模索、創作のモチベーションなど、赤裸々に語りつくした。

太田いわく「似たもの同士の2人」は、2時間ノンストップでしゃべり続けた。
その熱量はそのままに、本音しかない2人の対談をたっぷりとお届けする。
さらに、エレファントカシマシ30年を語る上で欠かせない3曲をスタジオライブで披露。
デビュー当時から歌い、今もライブで欠かせない『ファイティングマン』。
最大のヒット曲でエレカシの代名詞でもある『今宵の月のように』。
そして、最新曲でNHK「みんなのうた」にもなっている『風と共に』。
戦い続けた男達の30年を、音楽でも振り返る。
www6.nhk.or.jp

何故か脳内で笑顔の未来へが流れ出した机さん机さんわたしは馬鹿ですか?

スタジオライブ

風と共に

風と共に