読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第6回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」主演男優賞

confidence-award.jp

松岡昌宏(「家政夫のミタゾノ」)がドラマアワードで主演男優賞受賞「女優賞ではなく!(笑)」


オリコンが質の高いドラマを表彰する“第6回『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』”の各賞が発表され、主演男優賞松岡昌宏(「家政夫のミタゾノ」 EX系)が受賞したことが明らかになった。

『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』は、株式会社oricon ME発行の週刊エンタテインメントビジネス誌「コンフィデンス」主催のもと、主な国内ドラマを対象に有識者と視聴者が共に支持する“質の高いドラマ”を表彰するもの。審査対象は2016年10月期の主な地上波ドラマの計24作品で、「オリコン・モニターリサーチ」の登録者を対象とした視聴者満足度調査「オリコンドラマバリュー」の結果と、ドラマに関連する有識者およびマスコミのドラマ・テレビ担当者(審査員)の意見をもとに、2017年1月6日に開催された審査会で各賞が決定した。

主演男優賞は、「家政夫のミタゾノ」にて、家事スキルの高い家政夫・三田園薫を演じた松岡昌宏が受賞。派遣先の家の汚れだけでなく、その家庭の問題までも洗い落とすという役柄を、衝撃の女装姿で怪演した松岡に、審査員からは「自身の幅を広げることに成功した。彼の中にあるエンターテイナーとしての資質が今後ますます花開くことを予感させた」(影山貴彦[同志社女子大学情報メディア学科教授])、「似合うとは言い切れず、美しいとも言い切れず、なんともいえない中途半端な女装っぷりが逆に心をつかんだ。時折みせるマッチョなシーンもスパイスとなり、こういうイロモノのほうが彼の良さが出るんじゃないかと痛感した」(吉田潮[ライター])といったコメントが寄せられた。

また、視聴者からも「女装のインパクトがすごかった」(50代女性/神奈川)、「ミタゾノさんの怪しさがよく出ていた」(40代女性/大阪)といった評価の声が多数。さらに「いろんな家事テクニックが勉強になった」(10代女性/京都)と、作品中で紹介される家事のアイデアにも注目が集まった。

主演男優賞受賞を受けて、松岡昌宏は「いいチームで撮影ができて本当に感謝しています。何よりコミカルかつチャーミングにコンビ役を演じてくれた清水富美加ちゃんなしに、この賞はいただけないですね。女装をするミタゾノというキャラクターが、視聴者に何か引っかかってもらえるような存在になれたとしたら、こんなに嬉しいことはありません。役者冥利に尽きます。女優賞ではなく!(笑) 主演男優賞を、ありがとうございました」とコメントしている。

その他、第6回『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』の詳細については、公式サイトを参照されたい。


主演男優賞受賞・松岡昌宏(「家政夫のミタゾノ」)コメント

スタッフや共演者の方々が素晴らしく、いいチームで撮影ができて本当に感謝しています。
何よりコミカルかつチャーミングにコンビ役を演じてくれた清水富美加ちゃんなしに、この賞はいただけないですね。
ミタゾノの役は、演じてすぐに手応えを感じることができました。
街中やロケ現場で、“ミタゾノさん!”と役名で声をかけていただけたことが、とても嬉しかったです。
常日頃、今までにないものをやりたい、みんながまだ観たことのないことをやりたい、テレビで面白いことをやりたいと思っているので、女装をするミタゾノというキャラクターが、視聴者に何か引っかかってもらえるような存在になれたとしたら、こんなに嬉しいことはありません。
役者冥利に尽きます。
女優賞ではなく!(笑) 主演男優賞を、ありがとうございました。
music-book.jp

(music.jpニュース 2017年01月20日 11:15)

家政夫のミタゾノBlu-ray BOX

家政夫のミタゾノBlu-ray BOX